カンタス治療院は、はり灸あんまマッサージ指圧と小児鍼,アロママッサージ,リフレクソロジー,クレイセラピーの治療院

8月のお便り

8月のお便り

蒸し暑さや35℃を超す暑さが続くなど、老若男女を問わず
夏バテ気味の方が増えています。ひと口で夏バテといいましても、
頭痛・めまい・肩や首のこり、腰痛や神経痛、便秘や下痢、
膀胱炎や腎炎などなど「その人」が持ち合わせている弱い部分に症状が
あらわれやすいので、対処法も、一概には言いあらわせません。

いろんな症状の中でも、胃腸の具合が悪く、便秘や下痢をするとか、
足がつるという方は多いようです。普段、足の不調を感じない人でも、
この季節は足のむくみを感じる方が増えます。

夏の睡眠を妨げる一因に「足がつる」というものがあります。
冷房で冷えることや、筋肉疲労の他に、汗をかいて水分とともにミネラル分が流れてしまって不足することが考えられます。ミネラルは、筋肉をスムーズに
伸び縮みさせる働きがあるので不足すると、「こぶらがえり」を誘発してしまう。
という訳です。

日本の夏は、暑邪(しょじゃ)や湿邪(しつじゃ)が盛んです。汗を出す働きは、
適切に機能すれば体の余分な水分を排出して体温を調整してくれるのですが
発汗が多過ぎると、余分な水分だけではなく体が必要とする『津液(しんえき)』や全身調整に必要な『陽の気』も失ってしまいます。

また、汗をかいた時の水分補給はとても大切ですが、暑くて水を飲み、たくさん水を飲むことでまた汗をかき汗といっしょに、ミネラル分が流れ出てしまうことで
ミネラル不足による急激な体調不良がおこることもあります。

例えば「水を1日に2リットル飲むのが健康に良い。」というのは
体質によりけりで、水分のとりすぎで体を冷やし、結果的にいろんな症状を
ひきおこす原因になっていることも、多々あります。

まずは、ミネラルの豊富な新鮮な食物をとり、ストレッチやラジオ体操などの
軽い運動をこころがけ、少々の暑邪や湿邪に負けない体力づくりを
心がけましょう。

コメント

  • 北は・・・

    北は・・・今年はまだエアコンのスイッチを入れておりません。

    寝室では扇風機を付ける日はあるけれど居間ではまだ・・・去年はエアコンを付けっぱなしだった気がするけどなぁ・・・。

    エアコンなしで、すぐに秋が来そうです・・・。

    心の情熱は暑いんだけどなぁ・・・。(^u^)プププ・・・


  • Re: 北は・・・

    ルメコさん

    北は、夏らしい夏が来ていないのですね。

    今年は特に場所によって気候が違うようですね。
    関西は、ここしばらく35°を超えるようです。
    姫路は雨が降りそうで降らず、湿度が高くてムンムンしています。(^^;)



認証コード4457

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional