カンタス治療院は、はり灸あんまマッサージ指圧と小児鍼,アロママッサージ,リフレクソロジー,クレイセラピーの治療院

自然治癒力について

自然治癒力は生きる力

異物からからだを守る免疫力も、自然治癒力のひとつですが
健康を維持しようとする力、こころと体のひずみを調整しようとする力そのものが
自然治癒力だと、私たちは考えています。

東洋医学では、気血水の変調が五臓六腑に及び、病を作る。と考えます。
気血水のめぐりが滞ると、経穴(ツボ)に硬結や陥没など不調のサインが現れます。

見過ごしにしていると、胃腸の調子が悪くなったり、
頭痛や肩こり、腰痛や神経痛などなど
体質的に弱い部分に不調を感じ始め、自覚症状も強くなってゆきます。

めぐりの悪い状態を長く続けているほど、心身の負担が大きいうえに、
症状を緩和するのが難しくなってゆきます。

一番具合が悪いと感じる場所だけではなく、経穴(ツボ)を通して、
全身の気血水のめぐりを潤滑にし、心身のよい状態を維持しようと働きかけることで
自然治癒力を高めることができます。

多くの人が望む健康とは、特別に頑丈な体や、
たぐいまれな精神力を手に入れることではなく、
日常生活をつつがなく送ることだと思います。

ここ数十年の文明の発展のお陰で、私たちの日常生活はとても便利になりました。
けれども、その便利さとひきかえに、生物としての「人間らしさ」が
損なわれてきたように感じます。

パソコンや携帯電話で、目の披露を感じる人、時間に追い回されているような焦燥感、
深夜に仕事に従事する人、排気ガスで汚れた空気、緑の少ない環境、
食品添加物などの問題など現代人は、ともすれば自然治癒力が低下しがちな
過酷な環境に生きている、といえそうです。

東洋医学では、大自然と人は一体であり、人の中にも宇宙があると考えます。
何らかの原因で、自然と人の間に、また心と体の間に調和が崩れたとき
病が現れると考えます。

心や体のひずみは、体表の経穴(ツボ)に現れます。
私たちの治療は、経穴を鍼灸で刺激し、自然治癒力を高めます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional