カンタス治療院は、はり灸あんまマッサージ指圧と小児鍼,アロママッサージ,リフレクソロジー,クレイセラピーの治療院

自律神経失調症

自律神経について

私たちの生命を維持するために、からだの中にある組織や器官はいつも
神経の統制を受けています。
神経は、私たちの周囲をとりまく状況が、刻々と変化する中を
速やかに適応できるように働いています。

神経系の中で、脳や脊髄は、全神経の統合・支配など中枢的役割を果たしているので
中枢神経と呼ばれています。
中枢神経系から出て、体表や体内の各器官に分布する神経を末梢神経といいます。
末梢神経は、体性神経と自律神経に大別されます。

体性神経は、からだの表面でキャッチした、「痛い!」とか「熱い!」などの感覚を
脳に伝えて反射運動を調節する感覚神経と、歩いたり話したりなど
からだの筋肉などを自分の意志で動かす運動神経に分けられます。

いっぽう、自律神経は自分の意志とはかかわらず、自動的に
からだの表面や身体内部の刺激に反応し、からだの機能を調整するように働きます。
例えば、食事後は消化するため胃を動かしたり、走るとハァハァ呼吸が激しくなったり
気温が高くなったときには、汗をかくなどして体温を一定に保とうと働きかけます。
また、緊張すると心臓がドキドキしたり、悲しいときに自然に涙があふれてくるなど
精神的な要因も、自律神経の働きによって調整されます。

この自律神経には、起きているとき・緊張しているときに優位に働く交感神経と、
寝ているとき・リラックスしているときに優位に働く副交感神経があります。
交感神経と副交感神経は、私たちの心身の状況にあわせて自動的に
どちらかが優位に働くように調整されています。

自律神経失調症

頭痛、下痢、不眠、冷え、めまいや動悸、耳鳴り、憂鬱感など、不快な症状が続いて
病院でさまざまな精密検査を受けても、「これ」という異常がみつからない事があります。
それは、心身に及ぼすいろんなストレスが原因で
自律神経がスムーズに働かなくなっている可能性があります。

自律神経のバランスが崩れると、交感神経系の初期には
イライラ、動悸、息切れ、不眠、頭痛、立ちくらみ、めまい、冷え性、
肩こりなどの症状があらわれます。
副交感神経系の初期には、食欲不振、胃もたれ、便秘、下痢、無気力
集中力低下などの症状を感じはじめます。
また、免疫力や自然治癒力が低下するために、風邪をひきやすく治りにくいなど
不調が増幅してゆきます。

自律神経失調症の原因

自律神経のバランスが崩れるのには、さまざまな原因が考えられます。

  • 過剰なストレス(ひとりひとりの感受性の違いもある。)
  • 日常生活のリズムの乱れ(夜更かしなど多様化したライフスタイル)
  • 食習慣
  • 環境の変化
  • ホルモンの影響 

などが考えられますが、めまぐるしく変化している現代社会では特に、
精神的にも肉体的にも、過剰なストレスを感じている人は少なくありません。
その人にとって許容量を超えたストレスに対して、
健康な状態を何とか保とうと、真っ先に交感神経が反応しますが
その状態が長く続くと、交感神経緊張症をおこし、
複雑にからみあう慢性的な自律神経失調症にいたり
大きな病気へと発展してゆく可能性があります。

自律神経失調症に対する鍼灸マッサージ治療

東洋医学では、「病」のある部分をとりあげて、直接治療するのではなく
からだとこころとスピリットを含めた全体性を重視します。

おひとりおひとりのからだとこころの声に耳を傾け、必要な経穴に鍼灸で刺激を与えたり
あんまマッサージ指圧で、筋肉の緊張をやわらげ、
経絡に流れる気(エネルギー)の滞りを改善します。
ご希望によっては、メディカルレベルのアロママッサージの施術で
精油のもつ精微なエネルギーも加えてストレスを緩和します。
これらの治療で、自律神経のバランスの安定や免疫力の向上、
血液循環の改善などをはかり、もともと備わっている自然治癒力を高め
不調を改善してゆきます。
からだが軽くなる、からだがポカポカする、睡眠が深くなる、食欲が増すなど
自覚症状が変化し、内臓の働き、血液の成分の白血球などが増加するなど免疫力が高まります。
そして、継続的な治療により、ストレスに負けない体質作りをめざすことができます。

当院が施術する自律神経失調症の鍼灸マッサージ治療は、
今一番不調に感じておられる症状にあわせて経穴(ツボ)を刺激するとともに、
心身全体のバランスを整え、自律神経失調状態を改善してゆきます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional